« 日本人の顔は扁平で横に伸びてる? | メイン | 最も吉に恵まれし人。らしい »

2007/04/29

コメント

ティプトリーの経歴は、作品を読んでから知ると衝撃が大きくてオススメ(?)だったのですが、先に知ってしまいましたか。ネット社会の弊害ですね(笑)。

「あの終わらせ方」は、なかなか真似することの出来ない冴えたやり方だと思っています。

作品を読んでいなくても、衝撃が大きいです。小説以上に小説のような終わらせ方だと思います。

2Bに行ったときに話しませんでしたが、昼間は新宿で「人類にとっ文学とは何か」というシンポジウムに参加していました。メンバーは小松左京、瀬名秀明、スーザン・J・ネイピア、巽孝之というところです。

そんなん、やってたんだ。
瀬名秀明は、途中まで読んで放置した本があったな〜。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

フォトアルバム

2020年6 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

写真

  • ■東川フォトフェスティバル
  • ■CALOTYPE レンタル暗室+白岡順ワークショップ
  • ■ディズフォト通信
  • ■アルルフォトフェスティバル
  • ■さるぢえ関係
  • ■Workshop2B
    師匠のコラムはこちら
  • ■東京都写真美術館
  • ■おまぬけ写真はこちら
    www.flickr.com

最近のトラックバック