« ノンビリ令が発令中なので | メイン | またしても、ズルズルのかっこうでおシャネルへ »

2009/02/12

コメント

さるぢえさん、LONGMANからでているPENGUIN READERS という子供向けの本のシリーズいいですよ。英語の本に慣れるのには。200語から3000語まで7段階に分かれていてそれぞれいろんな種類が出ています。今手元にあるのはRAYMOND CHANDLER THE LADY IN THE LAKE. (600語)レベル2。さるぢえさんには優しすぎるかもしれませんが凄く読みやすいのでだんだんレベル上げていくと何十冊かめには普通のペーパーバックに無理なく移行できる感じです。試してみてください。ベルリッツのELSでも勧めていました。

石氏さん、情報ありがとうございます。
そのシリーズ見かけたことがあるかもしれません。本の背表紙にワード数が書いてある本ですよね。

別の出版社から出ている本で、"I Can Read!" Level 2. "Frog and Toad Are Friends" by Arnold Lobelのかえるの絵本(ツボにはまってしまい。)を買ってしまいました。どうも、おまぬけガエルくんたちのお話らしい。
4-8才向け。ペラペラっと内容を見たら。自分が書いている英文みたいに簡単な字面。

あっ、そのかえるくんの絵本シリーズ子供たちが小さい時よく読んであげてた本で(多分)二匹のかえるが洋服着て表紙にでているやつですよね?この間、本屋さんに出ていて懐かしくなって孫にかえるくんぬいぐるみと一緒に買ったばかりです。お嫁さんに渡したらかえるくんがちょっと抵抗あるのか(私はかわいいと思うんですけど)しまわれて孫に見せてないみたいなんです。日本語で三冊くらいシリーズで出ています。主人公の二匹のかえるのぬいぐるみもありますよ。思い込み激しいから違うかも?!

そうそう、3冊シリーズ。ぬいぐるみも売ってました。
昨夜、読みかけたらすごく面白かった。おまぬけ度満載で、一人で大笑い。「英語読んで笑えるってすごいかも」と、ちょっと自分に達成感を与えてみました。

英文読み始めるとどうししても、眉間にシワが寄っちゃうんですよね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

フォトアルバム

2019年1 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

写真

  • ■東川フォトフェスティバル
  • ■CALOTYPE レンタル暗室+白岡順ワークショップ
  • ■ディズフォト通信
  • ■アルルフォトフェスティバル
  • ■さるぢえ関係
  • ■Workshop2B
    師匠のコラムはこちら
  • ■東京都写真美術館
  • ■おまぬけ写真はこちら
    www.flickr.com

最近のトラックバック