« いちごあんぱん | メイン | ぎっくりくん »

2009/02/08

コメント

英語(外国語)って私の場合いくら勉強しても全然身に付かないんですよね。まあ、能力的なものもあるけど。でもアメリカでは子供でもしゃべっているというのにえ!それでいまではあきらめました。子供の時ちょっと先生について勉強しただけという亭主の方が今でもずっと
しゃべれるというのが納得いかなくて。
わたしのあのパルナック大きさの感じが手に合って一番カメラとしては好きなのにたまにしか写らない。それにいつもピンぼけ。何とかならないか??昔の人どうやってとっていたのかしらって思うんだけどね。

ご主人は英語できるんですね。いいなぁ〜。
バルナックの、サイズ良いですよね。カメラとしては一番好きです。
ピンぼけしちゃうんですか?変ですね。レンジファインダーだから、私は、一眼レフよりピント合わせやすいですよ。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

フォトアルバム

2019年5 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

写真

  • ■東川フォトフェスティバル
  • ■CALOTYPE レンタル暗室+白岡順ワークショップ
  • ■ディズフォト通信
  • ■アルルフォトフェスティバル
  • ■さるぢえ関係
  • ■Workshop2B
    師匠のコラムはこちら
  • ■東京都写真美術館
  • ■おまぬけ写真はこちら
    www.flickr.com

最近のトラックバック